PLUG(プラグ)

お客様の声

ホーム » お客様の声 » 知識・経験もゼロからの事業継承。Web制作を通じて見えた、店舗の課題と展望

知識・経験もゼロからの事業継承。Web制作を通じて見えた、店舗の課題と展望

PLUG-お客様の声-フラワーショップ 花花

企業profile

店名:フラワーショップ花花

代表:寺尾 義史
業種業態:生花販売業
サイトリリース日:2021.5.14

色とりどりの花々やグリーンたちが所狭しと並ぶ【フラワーショップ 花花】さん。

花束やアレンジメントはもちろん、定番ものからちょっと珍しい品種の植物など幅広いラインナップが魅力のお花屋さんです。

そして現在このお店の代表として、店舗業務や運営に日々、奮闘している寺尾義史さん。

PLUG-お客様の声-フラワーショップ 花花-寺尾さん

もともとお父様の事業であった生花業を受け継いだ寺尾さんは現在、店の運営はもちろん経営などを先頭に立って行っています。

今日は花花さんの事業の道のりについてや、弊社の2度目のWebサイト制作【PLUG】を利用したWebサイトリニューアルについて、お話を伺いました。

事業について

寺尾さんは、お父様の事業を継承する前はサラリーマンとして働いていたそうです。
まったくの異業種への転身から事業を引き継ぐという、大きなバトンを渡されたたわけですが、花屋としての道のりは、どういうものだったのでしょうか。

サラリーマンから花屋へ。きっかけや転職した当時のことを教えてください。

寺尾様:私は土木資材関係の会社でサラリーマンとして3年半くらい勤めた後、退職しました。ちょうどその時、父が経営する「花花」が人手が足りないということで、まずは手伝うことになったのが一番最初のきっかけです。この業界に転身して今年で6年目になります。

花屋の前は仕事とはまったく畑違いの仕事でしたし、こんなこと言ったらいけないのかもしれないんですけど、最初は花にすごく興味をもっていたというわけでもなくて・・・。

なので逆に不安とかもなく「とりあえず手伝ってみるか」という感じでした。

しかし当時はまさか自分が花屋を生業にし、ましてや店を継ぐなんてまったく考えていませんでした。

未知の花の世界。経験を積むうえで大変だったことは?

寺尾様:一番苦労したのは、やはり生花のアレンジメントや花束を作る技術面です。花屋業界の大先輩でもある店長やスタッフに、最初は基礎はある程度教わりました。

しかし基礎は習得できても、応用がまったくできなくて・・・。しかも接客をしながら花束を作るというのは至難の技でした。

PLUG-お客様の声-フラワーショップ 花花-仕事の様子

今思うと当然なのですが、はじめのころは店頭でお客さんから質問をされても、自分の知識が足りず上手く説明できなかったり、「こんな感じのアレンジをお願いします」と言われても技術や経験が浅かったので上手く作品を作ることがなくて、辛い時期もありました。

「なぜ自分は他のスタッフと同じような接客ができないのか」と、ネガティブな思考に陥って自信をなくしていた時もありましたね。

でも「とにかくやるしかない!」という気持ちで、仕事の合間などに花の図鑑を見て花や植物の名前を覚えたり、スタッフに技術的なことや知識について何度も教えてもらううちに、少しずつ花や植物への興味が湧くようになったのを今でも覚えています。

そうやって技術やセンスを磨くだけでなく、接客を通じてお客さんの喜ぶ顔を目の当たりにしていくうちに、この仕事の面白味も感じ始めました。

未経験から、店をまかされるようになるまでの気持ちの変化について

寺尾様:いろいろ失敗や経験も積ませてもらったなと思っています。今もまだ道半ばですが(笑)。

そして2020年ごろから店に立って接客したり配送、花束やアレンジの制作だけでなく店の経営面のほうもまかされるようになりました。

この頃から、より店の「数字」に対してかなり意識がむくようになりました。正直「自分がやらないと誰がやるの?」というような自覚が芽生えたのもこの頃です。

花屋は行事や季節によって変化が激しい業界なので、市場でのセリの仕入れ値や店の売上などを管理するのも慣れるまでは大変でした。

PLUG-お客様の声-フラワーショップ 花花-花のガラスケース

また数字的な部分だけでなく、やらないといけないことは満載で・・・。

そのうちのひとつとしてずっと気になってはいたものの、棚上げしていたのが「Webサイトのリニューアル」と、兼ねてから父もやりたいといっていた「オンラインショップ」の開設です。

しかし実際は日々の業務に追われ、なかなかWebサイトの改善点ややるべきことを考える時間を設けれていなかった、というのが実情でした。

Webサイトの課題について

Webのリニューアルやオンラインショップの立ち上げに必要性を少しずつ感じていた寺尾さん。

店舗業務だけではなく経営・販促、Webなど店の業務全体を動かす立場となって、Webサイトの必要性や重要性を感じ始めたなか、浮き彫りになった自社のWebサイトの課題とは?

日常業務の忙しさを理由に、積もっていった旧Webサイトの課題

寺尾様:まず前のWebサイトはとにかく写真が古かったんです。花は、当然ですが見た目がとても大切な商売なので。花も時代や季節によっての流行りなどもあるなか、Webサイトに紹介しているアレンジメントの写真が、ちょっと古い感じのものを載せたままになっていました。というのも、最近はWebサイトを見て「(写真のような)こんな花が欲しいんですけど」と言われる機会も増えていたので。

PLUG-お客様の声-フラワーショップ 花花-ECサイト

他にも商品の価格設定や、コンテンツ(内容)自体も見直さなければならないところが多々あった状態です。

先ほどもお話しましたが、そもそもスタッフもみんな日々の業務が慌ただしくてなかなかブログの投稿や更新作業にまで手をつけられる人がいない、というのも課題のひとつでした。

PLUGでの制作中のエピソード

実際にPLUGでのWebサイトを作る中で大変だったことは?

寺尾様:私自身がWebサイトに必要な情報を考えて文章を作成する「制作情報記入シート」の作業が・・・。

PLUG-お客様の声-フラワーショップ 花花-9制作情報記入シート

ひと言で言うと、しんどかったです!(笑) 

ふだんなかなかこんなに言葉を考え文章にすることなどなかったので。

単に文章を考えるということだけではなく「どんなことを発信すべきか」ということも考えながら言葉にしていく作業は、自分にとっては結構パワーがかかりました。

でも、アールさんが打ち合わせ時に一緒に「どんな店にしていきたいか?」「どんな内容ならお客様の役立つ情報なのか」などを一緒になって親身に考えてくださったので、なんとか乗り切ることができました。

自分で言葉を考えることで得たこと

寺尾様:苦手な文章作成でしたが、実は今回の「書く」という作業を行ったことで私自身、得たこともいろいろとあって。

まずは、接客のときにパッと言葉が出てくるようになったんです。

例えば「アレンジメントとは何か?」「プリザーブドフラワーとは?」ということを何度も自分で書き起こしては読み返す作業を行ったのもあり、店頭でお客様に説明するときにすごくスムーズに説明できるようになりました。自分自身に腹落ちできた、という感じです。

もうひとつは商品の価格や、企画内容などを見直すきっかけになったことです。
かなり時間のかかった作業でしたが、これから店を運営するうえで貴重な時間になりました。

PLUG-お客様の声-フラワーショップ 花花-寺尾さん2

慣れないチャットワークを使ったやり取りなどはどうでしたか?

寺尾様:正直最初は少し抵抗はありました。何せ日常はファックスや電話で対応するのが主だったので。チャットワークでの送信の仕方とか・・・(笑)。ちょっと考えればわかるようなことも、戸惑ったときもありました。

でも慣れですよね。普段、使い慣れていないというだけで。LINEとかと同じようなものと考えれば、とても便利な機能だなって今は思います。

Webサイトリリース後とこれから

制作時期は花屋さんの繁忙期でもある春だっため、忙しい業務と並行してのWebサイト構築でした。無事に新たなWebサイトが完成してからの感想、今後について伺いました。

新しいWebサイト、どうしていきたいですか?

寺尾様:写真もプロカメラマンに撮影をお願いしてキレイになり、内容や価格も見直したものを掲載できていますし、「オンラインショップサイト」も同時に完成して満足です。

お客様の声-フラワーショップ 花花-オンラインショップサイト

まず、この新しいWebサイトを上手く使いこなしたいと思っています。
なかでもオンラインショップで商品が売れることが直近の目標です。

そのためには、花が好きな中・上級者のお客様だけでなく、花のことはよくわからないけど興味をもってくださっている初心者の方にもわかりやすいブログの発信や、インスタグラムなどのSNSなどの活用など、お客様に役立つ情報を適材適所に発信していきたいと思っています。

今後の店づくりについて目標や抱負あれば最後に教えてください。

寺尾様:花屋の世界も、Webサイトを見て、情報を得てからお客様が動く時代になっていますので、うちのWebサイトをじっくりみてもらい、「この商品いいなぁ」って思ってもらえるようにしたいです。

それは実店舗(店頭)でのサービスも同じで、誰かのためや節目の時だけでなく、日々の暮らしの中にもっと気軽に花や植物がある日常をと思ったときに、ふらっと立ち寄れるような店にしたいです。

お客様の声-フラワーショップ 花花-店内

まだまだ何となく花屋というと「知識が乏しいと敷居が高い」「特別な時に行く店」と思っている方も多いので、そういったイメージも変えてければと。

そのためにもWebサイトを上手く活用しながら、店舗とオンラインショップをしっかりと運営したいですね。

私自身、花屋の技術者としても経営者としてもまだまだ未熟なので、これからもっといろんな経験を積みながら、魅力のある店にしたいと思っています。

制作実績_フラワーショップ花花 様はコチラから

contactお問合せはこちらから